ブログジャンル

ブログジャンルの一覧 > 旅行 > 一人旅

記事更新順 ブログ更新順

  • 愛野駅 普通入場券

    2017年07月26日 12:05   ブログタイトル:ひまつぶしDIARY

    島原鉄道の愛野駅の入場券です。硬券が使われていて、駅名に判子を押してから使う補充タイプのものになっています。2017年6月から愛野駅の窓口業務が廃止されたため、この入場券の販売も終了したと思われます。島原鉄道の愛野駅です。教会のような形をした駅舎に、メルヘンちっくな塗装が施されています。入り口の看板には「愛の駅」と書かれています。なお、静岡県のほうにも同じく愛野駅がありますが、この愛野駅とは特に関...

  • 【北海道】巨大な切り株タワーとチョウザメ『美深アイランド』(美深町)

    2017年07月25日 12:00   ブログタイトル:またたび日記(仮)

    ◆北海道まとめ◆美深アイランド家族連れでにぎわうレジャースポット美深アイランド。チョウザメ専門の小さな水族館や切り株の形をした大きな展望台があります。前回:【北海道】歩き出しそうな宮の台展望台から見る『サロベツ原野』(豊富町)2017/5/5(金)北海道11日間の8日目。お風呂と夕飯とチョウザメを求めてびふかアイランドへやってきました。ここは、道の駅や温泉施設、キャンプ場などがあつまるレジャースポ...

  • 2017年07月24日のtwitter発言

    2017年07月25日 12:00   ブログタイトル:コンサドーレ札幌万歳 Side-Y

  • 2017年07月24日のつぶやき

    2017年07月25日 12:00   ブログタイトル:ITALHERO

  • 【北海道】サロベツ原野へ向けて発進!『宮の台展望台』(豊富町)

    2017年07月24日 12:00   ブログタイトル:またたび日記(仮)

    ◆北海道まとめ◆宮の台展望台(サロベツ原野)サロベツ原野へ向けて、宮の台展望台に乗り込もう!コクピットに広がるのはどこまでも続く広大な湿原!前回:【北海道】あざらしとフウセンウオがごろごろ『ノシャップ寒流水族館』(稚内市)2017/5/5(金)北海道11日間の8日目。北海道の北部、稚内のちょっと南にあるサロベツ原野。豊富町と幌延町にまたがり、とにかく広大な景色が広がっています!サロベツ湿原センター...

  • 愛野→吾妻 乗車券

    2017年07月24日 12:05   ブログタイトル:ひまつぶしDIARY

    島原鉄道の愛野から吾妻までの乗車券です。愛野駅では普通に販売されていた乗車券ですが、硬券が日常的に使われていました。2017年6月から愛野駅の窓口業務が廃止されたため、同駅での硬券乗車券の販売も終了となりました。愛野駅の窓口業務廃止前にとりあえず島鉄線内の硬券を買っておこうと愛野駅を訪れましたが、語呂のいい吾妻(あづま)駅までの片道券を購入しました。この時はShimatetsuフリーパスを使ってい...

  • 2017年07月23日のtwitter発言

    2017年07月24日 12:00   ブログタイトル:コンサドーレ札幌万歳 Side-Y

  • 2017年07月23日のつぶやき

    2017年07月24日 12:00   ブログタイトル:ITALHERO

  • キリストの勝利、救いの事業の雄大さ

    2017年07月23日 10:32   ブログタイトル:ヨナの魚

     肉体の死は霊的死の最も深刻な象徴である。死を通じて、サタンは人類を支配している。救世主の十字架上の死は、一見サタンの完全な勝利である。しかし、救世主は死に打ち勝ち、三日目に自らの力で復活され、サタンの勝利を根元的に覆された。 人間は、救世主によってもたらされた救いの恵みをただ機械的に受け取るのではない。人間が人間として行動するのは、自主的ペルソナとしてである。この人間の本性は不変で、それが神の姿...

  • 試練は偶像破壊を目的とする

    2017年07月23日 10:31   ブログタイトル:ヨナの魚

     人間は少しく反省し始めると、その存在の不安(物質、肉体、精神のすべてにまつわる)を感じる。そして何か最も卑近なものに頼りたがる。感覚的人間は、物質的肉体的なものが安定すればすべてが安定すると思う。それは個人であれ、集団であれ、物質・官能的面から捉えた人間である。精神生活が進むにつれ、より精神的なもの道徳的なものの価値がその拠り所となる。信仰生活がさらに進み、永遠の生命の確保が問題になってくると、...

前へ1 2 3 4 5 次へ

Copyright © 2017 GMO Media, Inc. All Rights Reserved.